スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by たまご
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

アンコール・オペラ編 AKT:10(最終回)感想(※ネタバレ)

祝・のだめ完結!!
番外編もこれで終わりということで、本当にもう新しい話を読む事ができなくなるのが、寂しくて仕方ないです。
連載開始から9年。私がのだめに出会って丸5年。
のだめのおかげで、また世界が広がりました。
私にとって、とても大切で大好きなマンガです。

最後のネタバレです。


■表紙
kiss公式でこの表紙を見た時、思わず「ぎゃーーーーーーーー!!」と叫びましたw
最後の最後にキスシーン♪なんてかわいくて、幸せそうな2人なんだろう♪
のだめたんの白い背中が眩しいぜ!

■扉
お、本編の1コマ。台詞入り。
千秋、これから始まるオペラ本番に向けて不安でいっぱいです。
そりゃそうだ、あんなにボロボロだったんだもん…ゲネで…。

■前評判
というか、やっぱり千秋の凱旋ということで、注目されてるんだなー。
真澄ちゃんのオケってことは新都フィルか。そこからもいずれ声かかるんだろうな。
そしてオペラも、日本で振れるかもよ!

■そして始まる本番
んーやっぱり指揮してる千秋はかっこいい!
そして、順調な滑り出し!峰の演出も注目されてるじゃん!

■不安になったそのときに…
千秋が不安に包まれそうになった、そのとき。
なんと、チェレスタにのだめの姿が!
前回のラストで峰がのだめに頼んでいたのはこれだったんだね。オケの皆は知ってた模様。
のだめが千秋にとってキーポイントだってわかってるんだな。さすが親友(自称)!w
世界ののだめが魔法の鈴…
本当に魔法の鈴!!
しかも、こののだめが超かわいい!!
そして、その演奏ににやける千秋がかわいいよ!w

■魔法の鈴
のだめの鈴の音が、小さな奇跡を。
そう考える千秋こそ、のだめの魔法にやられてるんだよね。愛だなーwどんだけのだめの音楽が好きなんだw

■大成功!
無事、舞台終了。大収穫とまで!
良かったねー!!

■杏奈
ふっきれたね!!
日本でもがんばれ!!

■しかし劇団は
分裂ww

■道が開けた
菅沼はじめ、がんばった皆が実力を認められて活躍の場が…
良かったね。ほんと。

■そして、ふたり。
ぎゃーーーーーーーーーーーーー!!!!
ち、千秋め!!!
やればできる子千秋!!!
のだめに指輪。しかも左手薬指。
イタリアにちょこちょこ行くけど、離れる時間は増えるけど、でも約束を。
「感謝してるから…今回も」「のだめさんはすごいな」
あの千秋にしては、上出来すぎるじゃないですか!しかも微笑んでますよ!!
指輪は昼間買ったってことは、上映前なのか?じゃあ、もしのだめが助っ人しなかったとしても、約束の代わりに渡すつもりだった?
前回のだめのプロポーズさせよう作戦を知って、千秋も腹をくくったのかな。ふふふ。
のだめの助っ人といういいきっかけができて、ちゃんと渡せて、良かったよ千秋!!
てっきりまたタイミング逃すかと…ww

この指輪。ハートのダイヤ?の脇に小さなルビー。
これまたラブリーなデザインでw
やっぱり千秋にとってのだめは「かわいい系」なんだねーww
そして、ルビーってのがまた!!
ハートのダイヤ、大きいぞ。頑張ったな千秋w

そして2人は恵比寿に消える…♪


正直、イマイチ乗り切れなかったオペラ編。なのに最終回で音楽的にもラブ的にも満足です!!
2人の行く末もきっちり収まり、ホッとしましたw
この先は勝手に想像させていただきますwww


そして、これで本当にのだめカンタービレは終わり。
それはとても寂しいのに。悲しいのに。
でも、心はとても晴れやかで幸せなのは、この綺麗な終わり方だからだろうな。
本編の最後もとても好きだけど、こうして2人の将来をちゃんと暗示してくれたのが嬉しかった。

のだめカンタービレに出会えて、私も幸せでした。
所長に心からのありがとうを!!
スポンサーサイト
by たまご
20:41 | のだめ感想 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
12月は最後の祭り? | top | アンコール・オペラ編 AKT:8&9感想(※ネタバレ)

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://bosquet.blog25.fc2.com/tb.php/259-61c3af4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。