スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by たまご
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Lesson81感想 (※ネタバレ)

仕事帰りに忘れずにKissゲトしてきました。
帰りの電車で読んで、にやけるのをこらえるのがつらかったですw
まずは一言。

らぶりー千秋っ!!

自分がいかに千秋スキーかを実感しましたです。はぅぅ、シアワセ。
ということで、Lesson81ネタバレ、萌え吐き出し〜。

※この先、ネタバレ注意!

■表紙・ヤキトリオ
のだめがなんかすごーくセクシーじゃないですか!?小悪魔っていうかなんというか。
伏し目なクロキンもなんか武士の色気が出てていい感じ〜!ポールは変わらないね(笑)。

■オツカレ千秋
千秋って、千秋って、なんだかんだ言ってもお人好しのおぼっちゃまですよ。
マイペース人間たちに振り回され、そして結局手助けしてしまうなんて。
「オレはやったぞ・・・」がかわいいです。ああ、かわいいw

■ヤキトリオ来襲
気遣いクロキンとマイペース二人、ですねwヤキトリオの頭上に輝くヤキトリ(つくね)!ちゃんと三人の背の高さと平行になってますよ。芸が細かいです、所長。
気を遣って帰ろうとするクロキンの味方になる千秋・・・きっと、黒木くんの溜息の深さに、自分の姿を見たんでしょうねえ。変態の森を彷徨う(一応)まともな日本人の友情が美しいですw

■王子様に出張演奏
ああ、もうもう、千秋かわいすぎですよ!
徹夜明けで疲れ切ってるのに自分のために音楽を演奏してくれるのが嬉しいなんて、音楽バカで、そういうところが大好きです。
黒木くんのオーボエが好きなのはR☆S結成のころからわかってるけど、ポールもすごいんですねえ。芸術家には変人が多いけど、ポールもなのか(笑)。

■ラブ・・・
何も言わなくても、のだめの調子やノリ、曲の好みがわかってるなんて、ああ、もうもうもうっv
心配そうにいつのまにかのだめのそばに寄ってるとこも、もうもうもうっw
こういう何気ない行動がもうもうもうっww

■くろきんvsフランス人
ああ、くろきん・・・君もやっと成長したね。お姉さん嬉しいよ(泣)
フランス人と付き合うには、自己主張が何よりも大切です。じゃないと精神がやられます(マジ)。
言葉にしないのは何も考えていないのと同じ、無視して当然、な人たちだからねえ。
そして言ったことをすぐ忘れる人達。・・・ほんと、ああフランス人ですね。おかげで何事も証拠を取るくせがつきました(笑)。がんばれ、負けるなくろきん!

■えすぷり
のだめってすごい。本能でわかってるんだ。さすが動物的なのかな。
関西人とパリジャンは似ている・・・な、なんかわかる気がする・・・。でもそれを曲と結びつけるとは思わなかったです。読みながら曲を聴いたら、なんとなくわかる気もするけど、まさかこうなるとは・・・。
てっきり千秋がアドバイスするんだと思ってました。のだめ、成長したなあ。ちゃんと自分で音楽を感じて表現できるようになってきたんだな。

ちなみに、コントはフランス語なのはホントです。(le) conteは日本語のコントと意味は違って、「物語」という意味です。特に人を楽しませるための空想話のことを指します。その動詞のconter(コンテ)は、「物語る」という意味と同時に「人を騙す」という意味も持っています。

■夫婦漫才
なんだか、夫婦漫才のテンポが回を重ねる毎に良くなってません?
「夫婦ですから」「夫婦じゃねえ!」「ホラ出た「お約束」」・・・なのに、ただのボケとツッコミなのに、この漂う甘さはなんですか!なんなんだ!!

■ムラムラとイライラ
あんなにオケに誘おうとむらむらしてるのに、ポールとのだめのじゃれ合いにあっさり意志撤回してるのがかわいいよ千秋!w
そうだよねえ、自分の目の前でかわいい彼女のほっぺ触ったり髪くしゃっとされたら、ねえw
ああ、もう、ジェラシー丸出しかわいいよ!かわいすぎるよ千秋!くろきんの忠告も耳に入ってないくらい石化してるのがたまんないよ!w

■ふたりの時間
も〜なんでこんなに甘いんですか、最近!別に手をつないだりキスしたりエッチしたりなんて場面が全然ないのに、そういうシーンを見るよりもドキドキして恥ずかしいんですけど、この人達!w
戻ってきたのだめを引き留めたりして!これって、ポールと仲良しなのが悔しくて、のだめにそばにいて欲しいんだよね?w普段なら、「巣に帰れ」じゃないの?眠いんだし?w
そしてそして、のだめのピアノと歌を聞きながら眠るしんいちくんの表情が!
も〜〜〜甘くてとろけそうなくらいシアワセそうにうっとりしてて!
もうどうしろというんですかっ!?
好きだとか言葉にされたり、身体に触れ合ったりしなくても、この表情を見ただけで、ふたりのシアワセな恋愛が伝わってきますよね。
ああ、その枕になって添い寝したい・・・w

■デュボア家
室内楽の試験、上手くいったみたいですね。
迫力たっぷりのカッコイイこま割り、音楽が聞こえてきます〜!所長ってやっぱりすごい!
でもでも、それはもうどうでもよくなるくらいのインパクトなデュボア家!(爆笑)お、同じ顔〜!!
すごい遺伝子ですねw

ところで、ポールの名前、ポール・デュボア。Paul Duboisですか。姓も名前もすごくありきたりですなw
デュボアという姓は日本で言うところの鈴木さんで、すごく多い苗字らしいです。du bois、boisは木とか森の意味なので、「森に住むポールさん」という意味でしょうか、そもそもは。
さらに関係ないけど、パリの凱旋門に近いところに、Hotel du boisというかわいいプチホテルもあります。設備も充実していて、お勧めホテルの一つです。


は〜。笑いもあったけど、もう今回はしんいちくんに萌えまくりました。なんか、どんどんかわいくなっていってませんか?のだめのペースに巻き込まれちゃって、しかもそれを受け入れてるからか、なんか心が広くなりましたよね〜。前だったら、ポールやテオみたいな人は口もきかなかったんじゃないかと思いますよ。
のだめも千秋も、音楽を通して人間的にも成長しているのがとても嬉しいです。

さて、次回はどうなるんでしょうかね〜。ヤキトリオはやっぱり解散しちゃうの?もっと見たいけど、くろきんの神経が保たないか・・・。
スポンサーサイト
by たまご
21:37 | のだめ感想 | comments (5) | trackbacks (1) | page top↑
L81つけたし | top | ピアノの王子様

Comments

# こんばんは♪
たまごさん、こんばんは。
今回の千秋、いろんな人に振り回されてて、
かわいかったですね。私は基本的にはのだめすと
なのですが、のだめの歌とピアノを聞きながら眠る
千秋の図は何度見てもにまにましてしまいます。
そしてデュボワ家の人々…。デュボワってよくある
名前なんですか。全然知りませんでした。ほんとに
いつも勉強させていただいてます。
ありがとうございますです。

P.S.リンクさせていただきました。何か不都合が
ありましたらご連絡ください。
by: まるめろ | 2005/11/10 22:05 | URL [編集] | page top↑
#
昨日はKissを買った後、家まで待てずに歩きながら読むという小学生みたいなことをしてしまった。しかも人通りのない道でうっかり笑ってしまった(怖)。

千秋かわゆかったね~これからオケのオーディション楽しみv

アテネでしばらくデュボワ先生に教わってたよー。しかも上の名前フランソワで、まあこれは「森 太郎」ってカンジですか。フランス人の友達に言ったら、「そんなフランスっぽい名前はうそだ!ネタだ!」と。先生の立場は・・・
by: Asparagus | 2005/11/11 12:40 | URL [編集] | page top↑
#
>まるめろさん
わわ、リンクしてくださってありがとうございます〜!
こんなフランスヲタ丸出しサイトで申し訳ないです・・・も〜煮るなり焼くなりなんなりとっ
私は千秋スキーなんですが、最近ののだめは回を重ねる毎に可愛さ炸裂してますよね〜。今回の関西人エスプリ実践のときの得意げな顔なんて、もう!

デュボワさん、多いらしいですよー。私は以前に何かの本で読みましたが、ここでも同じ記事がありました。
http://www.ronronnons.com/idee/pdf/lecochon016.pdf
デュボワさんとかデュポンさんは、よく記入例などで見かけます。それだけ多いってことなんでしょうね。実際には会ったことないんですが。

>アスパちゃん
こっちにもデビューありがと!(笑)
のだめは外では読めないよね〜吹き出しちゃって。
私も我慢できずに読んでたら、隣に座った男の子に変な目で見られたよorz
デュボワ先生!そういえば、アテネのパンフで見たなあ。れっきとした名前なのに、そんなふうに言われちゃかわいそすぎる・・・。
でもフランソワじゃあ、ほんとに「ヤマダタロウ」状態だよね・・・
by: たまご | 2005/11/13 19:00 | URL [編集] | page top↑
# 巣に帰れ!
懐かしいセリフです・・・ここら辺が恋人と隣人の決定的な
違いですよね~っ!!
conteが空想話というニュアンスというのは翻訳サイト
では全然わからなかったのでまたたまごさんのところで
一つおりこうさんになってしまいました
やっぱりフランスの方ポール君状態で昨日と今日で言う事
違うっていうパターンあるんですね・・・(>_<)
ポール君の苗字デュボアが鈴木さん並にメジャーなお名前
だったとは知りませんでしたっ!!
ポールはパウロ(伊)でパウル(独)でパーヴェル(露)な
お名前だからこれも十二使徒でメジャーなお名前ですよね
ふむふむ・・・鈴木一朗さん?とか思っちゃいました
拙宅で「宮廷音楽家」の謎を解いていただいて本当に
ありがとうございました~っ!!
by: うろん | 2005/11/21 17:41 | URL [編集] | page top↑
# 懐かしいデスね~!
>うろんさん
ああ、1巻を読んだときにはこんなに真一君がでれでれになるとは予想だにしませんでした(笑)

フランス人と付き合うに当たって、一番重要なのは
言うことを信用しないこと
だと、当のフランス人に言われました(笑)。
とりあえず、3人に同じ事を訊いても違う答えが返ってくるので、それを吟味して真実を見つけることが必要でして・・・おかげで、何事にも証拠を残すこと、屁理屈でもとにかく自分の意見を主張して言い負かすこと(笑)を学びました・・・。
なので、ポールやくろきんの大家さんの言動はあまり驚かないというか、「フランス人だなー」と呆れる程度で済みました(笑)。

こちらこそ、いつもうろんさんのサイトで楽しませていただいて、刺激をいただいてます♪感謝∞ですよー!
by: たまご | 2005/11/21 23:23 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://bosquet.blog25.fc2.com/tb.php/29-2c0f00b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
職場の人に、二ノ宮 知子さんの「のだめカンタービレ」 
2005/11/14 (Mon) 19:02 | オタクの心得
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。